ブログ

トップセールスマンにも悩みがある!一歩前へ踏み出すためのヒント

「トップセールスマン」
この単語を聞いて、あなたはどんな人を想像するでしょうか?

常に堂々と振る舞い、自信に満ちあふれた様子で押しが強い……そんな人物を想像するかもしれません。
しかし、決してそうではないのです。

この記事ではトップセールスマンと呼ばれた人たちが重ねてきた努力から、一歩前へ踏み出すヒントを探ってみたいと思います。

あがり症の女性がセールスで実績を上げ続ける理由

筆者が実際に会ったトップセールスマンのエピソードをご紹介しましょう。

今でこそセールスを天職としている彼女ですが、実は自分に自信が持てずにいました。
プレゼンなどしようものなら、顔は真っ赤になり手や声は震えます。営業の時は言わずもがなです。
それでもトップセールスを上げられる理由は、誠実さだったのではないかと彼女は自己分析しています。
あがり症を抱えながらも必死に訴えかける姿が、顧客の心へ響くのでしょう。

自分なりのメンタルケアを身につけよう

とはいえ営業やセールスを目指す人にとって、あがり症や自信のなさは悩みの種ですよね。
そんな時は、臆せず心療内科の門を叩くのもひとつの手段です。
心療内科では投薬だけではなく、カウンセリングや森田療法、自律訓練法など、自らの心をコントロールする術を教えてもらえます。
プロの手を借りると、意外なくらいあっさりと問題が解決することもあるでしょう。

自己啓発や瞑想に取り組むのもおすすめです。集中力を養ったり考えを整理しやすくなるというメリットにも期待できます。

ある程度の開き直りも大切に

業務に必要な知識を身につけ、自己啓発やトークのトレーニングに励む……努力を続けることはとても大切なことです。
しかし、どうしてもうまくいかないことや克服できないポイントが必ず出てくるでしょう。
「こんなに頑張っているのにどうしてだろう」とため息をつく日もあるかもしれません。

そんな日は、すべてを自分以外の大きな力に委ねましょう。
必ずしもすべての欠点を克服する必要はない、自分は自分と開き直るくらいのおおらかさも大切です。

気楽に、折れずに、昨日より少しでも前に進んでいればOKという気持ちで頑張りたいですね。