ブログ

目標達成に必要なこと

目標を立てて達成することは、非常に難しいことです。
現在ロサンゼルス・エンジェルス所属の大谷翔平選手は、16歳の時に目標達成シートを使って「ドラ1・8球団」という目標を立てていました。
9つの升目の中央に「プロ野球8球団からドラフト1位指名を受けること」を最終目標に掲げ、その周りには目標を達成するために必要なもの「メンタル」「体つくり」「コントロール」「キレ」「運」等が書かれ、更にメンタルを鍛えるためには、何をしたらいいのか、といったように曼荼羅状に目標達成のための事柄が細かく設定していました。

中でも私が注目したのは、運を上げるために「部屋の掃除」「ゴミ拾い」をすると書かれていたところです。
人間は身の回りと心の中が一致するようにできています。
ですから、自分の部屋が整理整頓されていれば、心も整理されているということです。
また、自分の住んでいる街の道路に落ちているゴミを拾えば、街がきれいになり、心もよりきれいになります。

逆に、ゴミだらけの部屋だと心が荒み、ゴミがたくさん落ちている街に住んでいれば、事件などのアクシデントに見舞われやすくなり運気も下がります。
道端などに落ちているゴミを拾い始めると「どうしてゴミを捨てるんだ!」と怒りの感情が湧いてきて、ゴミを平気で捨てる人に対してイライラするこでしょう。
しかし、その感情はゴミを拾う人とそうでない人とでは、雲泥の差があることに気付くことができます。

自分の心をきれいにするため、街を少しでもきれいにするめ、社会のためにゴミを拾っていると、徐々にイライラする気持ちも無くなり、ゴミを捨てる人もいつか拾う側になってくれると思えるようになるのです。

また、お部屋がゴミ屋敷化してしまう人は、自分を嫌う、孤独、ストレスなどが原因のケースがあるようです。(他にもADHD、買い物依存症など様々な原因があります)
部屋が片付いていないと、どこに何があるかすぐに探すことができず、それだけでストレスになりますよね。
汚い部屋に慣れてしまうと、だらしなくなり鬱になりやすくなり、結果として運気を下げてしまうことになります。

16歳にして、運気を上げるために何をすればいいのか分かっていた大谷選手は凄いですね。
そして現在では、ドラ1・8球団の目標からメジャーリーグでの活躍へと大活躍をされています。